バナー

自動車学校を卒業するまで

20歳の時にどうしても免許が欲しくて自動車学校に通いました。もちろん車の運転はした事がないので合格できるか不安もあったのですが、無事に合格する事ができました。

教習所に通っていて色々と感じた事があるのでこれから教習所に通おうと思っている人は参考にしてみてください。
自動車学校には学生や社会人など様々な年代の人が通っています。



年齢が近かったり離れていたりしますが、教習所への入校日が同じであればすぐに仲良くなる事ができました。



教習所での学科や実技はスケジュールを組んで進められていくので同じ日に入校したのであれば進行状況が一緒なので話も合います。
逆に先に入校されていた方達は、自分よりもスケジュールの進行が早いので学科や実技などでも一緒になる事がないので接点も特にありませんでした。

そういう点で、入校日が同じだった人達とは免許を取得するという目的が一緒なので仲間意識のようなものが芽生え仲良くなりやすかったです。
自動車学校での車を実際に運転する実技教習で私が一番感じたのは、出来る事なら同じ教官に指導してもらうのが良いと思います。



毎回違う教官だと指摘される場所も違ったりして自分の悪い所も分からなくなる事がありました。

スケジュール的に毎回同じ教官にする事は難しいかもしれませんが、教官によって指導の仕方にもやっぱり違いがあるからです。
教官といっても人間なので、厳しかったり優しかったりします。

優しく丁寧な口調で指導してくれる教官の場合は落ち着いて運転する事ができます。