バナー

なぜ合宿免許がオススメなのか

自動車免許を取得する方法として、通学と合宿の二通りがあります。

学校を卒業した直後や転職の前後のようにまとまった日程を取れるのであれば、合宿免許で自動車免許を取ることをお勧めします。

合宿で免許を取るのに必要な期間は短いと2週間、長くても3週間です。

この間のスケジュールは完全に決められていて、短期集中型のため通学の方がためになると考える人がいますが、短期間で取ることの方がメリットは大きくなります。



スポーツで考えてもらうとわかりますが、はじめて取り組むことは覚えることは早いですが、すぐに忘れてしまう問題があります。



はじめて運転をする人にとって、集中的に運転の練習ができれば、常に技術を向上させることができます。



金額的なメリットも多いことも合宿免許の利点としてあげられます。

通学と合宿を比べると平均5万円合宿の方が安く済んだという統計結果がでています。

また合宿では宿泊費や食費が含まれていることが多く、場合によっては居住地からの往復交通費も支給してくれるところもあります。

4月から夏休み前にまとまった休みが取れるのであれば、その期間は自動車教習所の閑散期になるため、さらに安く免許を取得することができます。

そして、合宿免許の教習地はどちらかというと地方にあることが多くなっています。

自動車の数が多く、渋滞もしやすい都市部と比較して、車が運転しやすい地方であれば、緊張も少なく、運転技術を習得するのに理想的です。