バナー

合宿免許のメリットデメリット

運転免許の取得方法の1つである合宿免許にはメリットとデメリットが存在をしています。
それぞれの特徴をよく知った上で合宿を利用するのか一般の自動車学校に通うのかを選択する必要があります。

まず、一番大きなメリットが免許を取得するまでの期間が短いということです。



一般的な自動車学校に通って免許を取得するとなると早くても1ヶ月程度、遅いと数ヶ月学校に通い続けなければなりません。



しかし、合宿であれば最短で2週間程度で取得をすることができます。


大学生であれば夏休みの一部を利用して免許の取得をすることができます。

さらに短期間で取得をすることができるので費用面でも安いケースが多いです。

少しでも安く免許を取得したいという人にはおすすめです。



合宿免許では自動車の勉強をするための費用以外にも宿泊費用や生活費用がかかるようなイメージがありますが、宿泊費については含まれていることが多いので安心して生活することができます。

免許を取るまでの過程についても通常の自動車学校であれば自分で組む必要がありますが、合宿免許ではあらかじめ予定が組まれていることが多いので免許を取る予定の人はその流れに乗って行くだけで済みます。

デメリットと言えるはテスト対策ができないことです。

免許を取得するには各都道府県の公安委員会が行う試験に合格をする必要があります。
この試験内容は県によって異なるので、自動車学校によっては練習問題のようなものをもらうことがありますが、合宿ではこのようなものをもらうことができませんので自分で勉強する必要があります。