バナー

自動車学校に通って免許を取ろう

近年若い人たちの自動車離れが進んでいるという話が聞かれます。

自動車の免許は自動車学校に通って、何度も教習を受け、さらにいくつもの試験を通過して初めて取得できるものですから、時間とお金がかかるというイメージがあるのかもしれません。
またいざ免許を取得して自動車を持ったとすると、今度は維持にもお金がかかりますし、公共の交通機関を利用して生活した方が、環境に優しいという考え方もあるかもしれません。



しかし、お住まいの環境や仕事の種類によっては、やはり自動車は必要になってくるものです。



自動車学校は単に運転の技術や交通ルールを学ぶだけでなく、車を運転する上での心構えや、社会の中での責任など、大切なことも教えてもらえます。

自身が教習所に通っていた時には、教官が実際に見た事故の話を聞いたり、教習所の職員ならでは視点で、事故の起こりやすいシチュエーションを教えてもらえたり、安全運転において有意義な話を多く見聞きすることができたと感じました。

教習所での教習は、何度も通うことになり、長いようにも感じますが、実際その後のカーライフを考えると、その時期にしっかりと安全運転の基本を身につけることが非常に大切なことは言うまでもありません。
短期的に免許を取得するために、合宿で講習を受けるケースもありますが、地元の自動車教習所で教習を受けることには、その地域の危険な個所や道の特徴を知ることが出来るというメリットもあります。