バナー

今につながる自動車学校での教え

20歳になった時、車の免許があった方が便利だと思い、自動車学校へ通いました。車の多い街に住んでいたため選択肢が多く、自宅近くにもあったのですが、最終的に選んだのは大学近くの自動車学校です。
決めては授業の合間に予約が取れることでした。

大学の授業は突然休校になることや、1限空いてしまうこともあったので、隙間時間を有効活用したいと思い決めました。


大学から施設までは車で3分ほどのところにあり、すごく便利でした。

それに定期的にシャトルバスが出ていたので、待つことなく利用できたのも良かったです。最初は学科の授業を受けましたが、楽しく過ごせたのが印象的でした。

車の講義なのでもっと堅苦しいイメージがあったのですが、真面目な話の中にもユーモラスがあり、頭にもスッと入ってきました。
実技はマンツーマンレッスンだったので、とても分かりやすかったです。

最初はハンドルを握るたびに緊張していましたが、一つ一つ丁寧に教えてくれるので体に叩きこむ事ができました。



また分からない点がある場合は、その場で質問できるのも良かったです。
気になる点を曖昧にせず、その日のうちに解消できるのはスッキリします。



公道を走る時はいつもと違った雰囲気で緊張しましたが、サポートを受けながら体験できたので自信に繋がりました。



自動車学校に通った1か月間、あっという間に過ぎていきましたが、あの時教わったことは現在の運転にも生きています。そして安全運転で毎日ハンドルを握っています。